縁起物の飾りをお正月・小正月に飾るなら繭玉“飾り”のもめん玉を販売する【有限会社 種久商店】~最中で作る縁起物の意味~

ピックアップ商品

もち米アイスもなか(小)

もち米アイスもなか(大)

中丸(焦がし)

縁起物の飾りをお探しなら最中の専門店へ

縁起物飾りをお探しなら、最中の専門店をご利用ください。最中で作る縁起物の飾りは、お正月や小正月の飾りに欠かせません。華やかな縁起物を飾らなければ、お正月・小正月が来たと感じられない!という方もいらっしゃるでしょう。

最中の専門店【有限会社 種久商店】なら、高品質の縁起物をお買い求めいただけます。お電話やFAXでお問い合わせも承っておりますので、お気軽にご利用ください。

お正月や小正月に飾る縁起物の意味

お正月や小正月に飾る縁起物の意味

【有限会社 種久商店】では、お正月や小正月に飾る縁起物を多数販売しております。繭玉飾りは商売繁盛などを祈願する縁起物として使用する飾りで、ヤナギやみずきの枝に付けてお正月や小正月に飾ります。現代のように技術が発達していなかった時代は自然の影響を受けやすく、農作物を作るのに多くの苦労がありました。そのため、神様への豊作祈願というのは切実なものでした。

豊作祈願の繭玉には小判・中判・大判・百万両などのお金類。招き猫やだるま、タイなどのおめでたいもの。野沢菜やカブなどのお供え物。天神様や大黒様、恵比寿様などの神様をモチーフにしたもめん玉も一緒に飾ります。合成着色料を多く使用しているので食べることはできませんが、カラフルな色合いでおめでたい雰囲気が演出でき、お正月飾りとして飾っているご家庭も増えております。

縁起物の飾り(繭玉“飾り”のもめん玉)や最中皮を製造する【有限会社 種久商店】

縁起物の飾り(繭玉“飾り”のもめん玉)や最中皮を製造する【有限会社 種久商店】

縁起物の飾り(繭玉“飾り”のもめん玉)を製造する【有限会社 種久商店】は、様々な縁起物と最中皮を販売しております。食用の最中皮は、厳選した新潟産のもち米を原料に製造しております。昭和24年の創業から日々工夫を凝らして最中の皮作りに取り組んできました。

また、縁起物の飾りは、鮮やかな発色でお部屋のインテリアやお店のアクセントとしてお楽しみいただけます。お正月や小正月に縁起物の繭玉を飾りたい方は、ぜひ【有限会社 種久商店】をご利用ください。

お役立ちコラム

縁起物の飾りをご購入なら【有限会社 種久商店】

販売業者 有限会社種久商店
住所 〒 380-0811 長野県 長野市東鶴賀町33
電話番号 026-232-7190
URL https://tanekyu.net/